続続続:生後6ヶ月 乳児湿疹、乾燥性湿疹が劇的に良くなった方法 ~洗濯洗剤の影響~


乳児湿疹から考える洗濯の方法

赤ちゃんの肌トラブルの原因はいろいろ…

出産して分かりましたが、赤ちゃんの洗濯物って意外に多いですねー。

よくミルクを吐いたり、うんちがもれたり、汗をかいたりなどで、1日に

数回着替えることがあります。

落ちにくい汚れのときは、赤ちゃん専用の洗濯石鹸で汚れを落としてから

洗濯機で洗っています。

洗濯以外にもしなければいけないこともあるのでなかなか大変です。

そんな大変な洗濯ですが、赤ちゃんのデリケートなお肌を守るために

とっても大切です。

「洗濯洗剤」が赤ちゃんの肌トラブルの原因になることがあるみたいです!

赤ちゃんの肌に触れる衣類やタオル、シーツをこまめに洗濯して清潔にしていても、洗濯洗剤によって、赤ちゃんのお肌にダメージを与えることがあるようです。

洗濯洗剤に含まれる成分が衣類などに残っていると、かぶれたり湿疹ができたりする可能性があるのです。

汚れを落とす、界面活性剤や蛍光増白剤などの成分が含まれた洗濯洗剤では

赤ちゃんに強い刺激を与える恐れがあるため、赤ちゃんの衣類は赤ちゃん専用の

洗濯洗剤を使って大人のものと分けて洗うと良いです。

石油由来の合成界面活性剤、蛍光増白剤、着色剤、香料に注意しましょう。

抵抗力がある程度ついてくる1歳くらいまでは赤ちゃん専用の洗濯洗剤を使い、

大人のものと分けて洗濯すると安心だと思います。

※ホルムアルデヒドに注意!!

気をつけたいのは新品の衣類です。

新品の衣類には加工に使われているホルムアルデヒドが付着している可能性があり、肌の炎症や湿疹の原因になってしまう恐れがあります。

ホルムアルデヒドは他の衣類から移ってきてしまいやすく、水に溶けやすい性質があることから、大人の服と分けて洗うことで付着を防止することができます。

生後1歳を過ぎるまでは個包装された衣類を購入し、大人用の服とは別に洗うようにすると安心です。


わたしは赤ちゃん専用の洗濯洗剤はソネットやソーダサンを使っています

敏感肌の赤ちゃんにはいろいろなケアが必要ですね




This site was built using